アサヒビール北海道工場
国産最軽量のビール類202径アルミ缶蓋を開発
北海道工場でテスト製造開始
アサヒビールは環境に配慮したパッケージ開発の一環として、国産では最軽量となる「202径アルミ缶蓋」を開発。北海道工場でこの缶蓋を使用した商品のテスト製造を行い、2023年から順次切り替え開始を目指す。今後同社商品すべてをこの202径缶蓋に切り替えた場合、年間約1万4300tのCO2排出量を削減できる見込み。同社グループでは「環境ビジョン2050」を策定し、環境経営に取り組んでいる。
国産最軽量 ビール類202径アルミ缶蓋
問い合わせ:アサヒビールお客様相談室
TEL.0120-011-121
https://www.asahibeer.co.jp/