居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト

HOME  > 2020年1月号の特集

特集:2019年忘年会 2・3次会おすすめプラン

鮨処  ひのき

 

総檜づくりのカウンターと、屋久杉で装飾された壁。高級感あふれる店内の奥にあるネタケースには道産を中心に全国各地の魚介類が揃う。あわせるシャリは北海道が誇るブランド米「ゆめぴりか」と「ななつぼし」を独自にブレンド。気軽に寄ってもらえる店を目指しているという山貫店主は、客の好みに応じてネタの切り方を変えたり本ワサビを都度おろすなど、美味しさを引き立てるための努力と工夫を惜しまない。そんな店主の細かな気配りと人柄で人気を集めている1軒だ。写真はタチ、イクラ各400円、サバ350円。

▲これぞ北海道の味、濃厚なミソを程よく和えた毛ガニの握り1貫600円

▲目でも味わえる「ひのき」の握りは1貫200円〜用意

 
店名 鮨処 ひのき
TEL

011-520-9100

住所 中央区南5西4 N・センタービル2F
営業時間 18:00~3:00(祝日~22:00)
定休日 日曜日(12/29は営業、12/31~1/5は休)
 
 

すし処 対州

職人の技術力が伝わる美しい握りの数々。全国各地の契約漁師から仕入れた美味しい魚がズラリ。あまりお目にかかれない九州地方の魚介も揃えている。気になる価格は、お好み握りが1貫150円〜、旬のおまかせ握り4500円、コース料理は8800円など非常に良心的。心に染み入るようなあたたかい接客もうれしく、思わず笑顔がこぼれる。懐具合に合わせて利用できるので、迷ったときはぜひ多くの人に愛される「対州」へ。

 

▲江戸前風の握り、丁寧な仕事が旨みを引き立てる

▲「ババカレイの煮付け」など1品料理も豊富に揃えている

 
店名 すし処  対州
TEL

011-513-8002

住所 中央区南5西2 オークラビル5F
営業時間 18:00~3:00(水曜日~0:00、12/30は~21:00)
定休日 日曜日(12/31は引き渡しのみ、1/1〜5は休)
 
 

鮨しょう

 

隠れ家のようにひっそりとした佇まいで、誰よりも四季を意識した大将が季節にあわせた新鮮素材を使った料理でもてなしてくれる店。オススメは食用エビのなかで最も味がよいといわれている九州熊本産の車エビを使った握り800円。脂がのった大トロや肉厚でプリプリの食感が自慢のトラフグの握りにも注目。デザートには冬に楽しむことができるスイカ「ルナピエナ」を用意。味わい深さと驚きの甘さが特徴で話題沸騰中だ。大人の空間でいまの時季だからこそ楽しめるワンランク上の贅沢な味わいを堪能してみてはいかが?

▲ウニを惜しみなく混ぜ込んだご飯の上にさらに生ウニを添えた「ウニごはん」

▲入荷困難といわれている木屋正酒造の「而今」や「高砂」なども入荷

 
店名 鮨しょう
TEL

011-521-6363

住所 中央区南6西3 TAKARA6・3ビル2F
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜・祝日(12/29は営業、12/31〜1/5は休)
 
 

すし屋の さい藤

 

北海道をはじめ、全国から集められる最高の素材を使った握りと極上の料理を提供してくれる有名店。「今日1番の新鮮素材」をという強いこだわりを持つ同店注目の品は種類豊富なカニ料理。カニの握りはもちろんのこと、オホーツク枝幸産毛ガニの甲羅焼きや毛ガニ味噌和えなどを用意。また、戸井産のマグロを使った握りも外すことのできないメニュー。いまの時期であれば濃厚な味わいが人気のタチポンも見逃せない。11:00〜14:00はランチ営業実施中。大将オススメの地酒とともにワンランク上の贅沢を堪能してみては?

▲昼限定メニューの「おきまり」は握り10貫とお椀が付いて通常5500円を4950円

▲この時期オススメの入念な下処理がほどこされたタチポン

 
店名 すし屋のさい藤
TEL

011-513-2622

住所 中央区南6西4 プラザ6・4ビル1F
営業時間 11:00~14:00、17:00~23:00(日曜・祝日~22:00)
定休日 不定休(12/31・1/4〜6は休)
 
 

立喰い処  ちょこっと寿し ススキノ本店

 

気軽に寄れる立ち食いスタイルの店「ちょこっと寿し」は、北海道の美味しい魚介類を低料金でたくさん食べてもらうのがコンセプト。クーポンを利用すると大トロ、中トロ、赤身の3貫セット980円が480円になる。「寒いこの時期は、活〆のホッケ、ニシン、真ダチがオススメです。メヌキ、ソイ、ブリ、マダイ、イワシなど日替わりで毎日1品69円の握りもありますので、ぜひお越しくださいね」と横山店主の心意気が感じられるサービスも実施中だ。写真上は人気の「軍艦みだれ盛り」1980円(各税抜)。年末年始は休まず営業。

▲沖縄の寿司は左からドラキュラ、アカマチ、タチヌイユ、グルクン各1貫300円

▲この日の日替わり69円の握りは、これからが旬のニシンを用意

 
店名 立喰い処 ちょこっと寿し ススキノ本店
TEL

011-522-0399

住所 中央区南4西3 第2Gビル1F
営業時間 18:00~2:00(金・土曜・祝前日~3:00、LO閉店30分前)
定休日 不定休
 
 

ちょこっと寿し 別邸

 

気軽に美味しい寿司を味わえると評判の「ちょこっと寿し」。那覇の国際通りに2店舗、札幌はススキノ本店とここ別邸がある。マグロをはじめ北海道と沖縄の魚介類を使った寿司や刺身をリーズナブルに楽しめ、なかでも本マグロの握り赤身100円、中トロ200円、大トロ300円は人気のメニュー。また、沖縄から直送される鮮魚を使った「イラブチャー湯霜造り」や「グルクン雪塩炙り」各300円などもぜひ1度食べてもらいたい。写真下はその日仕入れた最高のネタを提供する「特選8貫握り」2780円(各税抜)。

▲「ちょこっと寿し会席」5000円、このほか女性限定コース3000円も用意

▲本マグロの大トロ、中トロ、赤身を低料金で思う存分味わえる

 
店名 ちょこっと寿し 別邸
TEL

011-215-1001

住所 中央区南5西3 N・グランデビルB1F
営業時間 18:00~2:00(金・土・祝前日~4:00、LO閉店30分前)
定休日 日曜日(12/29~1/4は営業、1/5・6は休)
 
 

積丹料理  ふじ鮨 すすきの店

 

店内は落ち着きのある空間で、大型カウンター席のほかテーブル席も完備。素材の旨みを最大限まで引き出したネタの数々は、どれも繊細で奥深い味わい。握りや刺身だけではなく、海鮮生ちらしや小料理も多数用意。また店長が吟味する日本酒は、北海道の地酒「二世古」、全国の銘酒「飛露喜」、「磯自慢」などこだわりの銘酒が豊富。握りはお好みで食べても料金がすべて明記されているので地元客はもちろん、観光客でも安心して味わえる。宴会は応相談。

▲観光客に人気の海鮮生ちらしは各種2920円〜(税抜)

▲北海道の幸に舌鼓、こだわりの日本酒とともに味わって

 
店名 積丹料理 ふじ鮨 すすきの店
TEL

011-211-8512

住所 中央区南4西5 東急REIホテルレストランプラザ札幌B1F
営業時間 17:00~23:00
定休日 無休(レストランプラザ札幌休館日は休、12/31・1/1は休)
 
 

今月の特集

このページのTOPへ