居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト

HOME  > 今月の特集
寿司特集

1.マグロ、真ダイ、サバ、タマゴ、ホタテ、サーモン、イクラ、ニシンなど旬の魚を巻いた「生太巻き」2800円(税抜)、テイクアウト可

北海道をはじめ全国各地から取り寄せる旬のネタ、岩見沢の専属農家から仕入れるブランド米「ゆめぴりか」と「ななつぼし」をオリジナルブレンドしたシャリ、コンブとカツオのダシで割った醤油など、職人のこだわりを感じられる店。写真大はおまかせ5貫1600円、この日は中トロ、真ダイ、サバのうす〆、イクラ、タマゴ。お好みの握りは1貫200円〜、おまかせは3貫盛り1000円〜用意。自家製クジラベーコン1600円や越後もち豚和風角煮1150円など1品料理も多数。夏はウニやイカのほか、さやのまま生の枝豆を炭焼きにした焼き枝豆も好評だ。また、生ビールやカクテルが280円と格安。すべて税抜。

 

2.純米大吟醸百四拾「田酒」1500円、特別純米酒「二世古」650円、純米大吟醸「醸し人九平次」1500円、各税抜

3.ゆったりとした造りのカウンター8席と10人まで使用できる個室が完備された接待やデートに最適な空間

 
店名 鮨 章 sho
住所 中央区南3西6 インフィニ桂和22 7F
TEL

011-596-8772

営業時間 17:00~0:00
定休日 日曜日休 (月曜日が祝日の場合は日曜日営業、月曜日休)
 
 

1.新鮮なネタを手頃な価格で楽しんで。「旬握り(12貫)」3920円。こだわりの地酒も数多く揃えている

魚介の宝庫、北海道各地から届く四季折々の幸を職人の技で提供する人気の寿司店。今オススメはなんといってもウニ。バフンウニの握り、ムラサキウニの握り(生&炙り)が1度に味わえる道内産ウニ食べ比べ3貫セット1500円が登場。極上品のウニをふんだんに使った「生うにちらし」5500円〜(時価)も大人気。握りはお好みで食べても料金がすべて明記されているので地元客はもちろん、観光客でも安心して極上の寿司が味わえる。また店長が吟味する日本酒は、北海道の地酒「二世古」をはじめ銘酒が並ぶ。宴会・団体での利用も応相談。

 

2.観光客に特にオススメなのが、新鮮なネタのみを使用した人気の海鮮生ちらしで各種2920円〜用意

3.職人技を目の前で愉しめる人気のカウンターのほか、落ち着いて食事を楽しめるテーブル席も完備

 
店名 積丹料理 ふじ鮨 すすきの店
住所 中央区南4西5 東急REIホテル レストランプラザ札幌B1F
TEL

011-211-8512

営業時間 17:00〜23:00
定休日 無休(レストランプラザ札幌の休館日は休)
 
 

1.北海道のブランド米「ゆめぴりか」と「おぼろづき」を独自にブレンドして炊き上げたシャリを使用「海水ウニの握り」850円

カウンターは総檜づくり、その奥は屋久杉で装飾された壁、高級感溢れる店内だが、気軽によってもらえる店を目指しているという山貫店主。写真は今が旬の「花咲ガニの握り」、プリプリの食感に濃厚なコクと旨みが感じられる贅沢な1品。国内では根室でしか水揚げされない希少なカニで、市場に出回る量が少なく仕入れ価格が大きく変動するため時価で500円〜となっている。根室から直送される魚介類は、花咲ガニのほかキンキやカレイなど。北海道の鮮魚を使った刺身や握りが人気で、夏場は採れたての「トウモロコシの天ぷら」600円を注文する客も多い。

 

2.甘辛のタレが穴子の味を引き立て、ふわっとした食感と鼻に抜ける香ばしさがたまらない「穴子の握り」400円

3.ゆったりと座れるカウンター10席のほか4〜16人まで利用できる掘りごたつの個室を完備

 
店名 鮨処 ひのき
住所 中央区南5西4 N・センタービル2F
TEL

011-520-9100

営業時間 18:00~3:00
定休日 日曜日休
 
 

1.醤油で味付けされたイクラ、今が旬のウニ、日本酒によく合うマスコのお得な「痛風3貫セット」980円

気軽に寄れる立ち食いスタイルの店「ちょこっと寿し」は、北海道の美味しい魚介類を低料金でたくさん食べてもらうのがコンセプト。えりもからはタコ、ホッキ、ツブ、石狩からはカレイ、イワシ、ソイ、エビなどがほぼ毎日直送される。常連客に人気があるのは「釧路ミンク鯨」290円やお好みで辛さを選べる「山わさびの細巻」150円〜など。写真の「鮪3貫セット」980円は、すすきの通信のクーポン利用で880円、1日5個限定のアワビは1個980円。「今時期は、北海道産のウニ、ボタンエビ、アワビ、キンキ、イワシなどがオススメですよ」と店主の佐々木勝さん。

 

2.これぞ北海道の味、ニシン、ボタンエビ、イクラの「北海道満喫3貫セット」1280円

3.気取らない雰囲気の中で食べられるのは立ち食いならでは。カウンターには10人分の寿司下駄が用意されている

 
店名 立喰い処 ちょこっと寿し ススキノ店
住所 中央区南4西3 第2Gビル1F
TEL

011-522-0399

営業時間 18:00〜2:30(LO 2:00)
定休日 日曜日休 (月曜日が祝日の場合は日曜日営業、月曜日休)
 
 

1.昼限定メニューの「おきまり」は握り10貫とお椀が付いて通常4320円。これは絶対にお得

北海道をはじめ、全国から集まる最高の素材を使った握りと極上の料理を提供してくれる人気の店。「今日1番の鮮魚」をという強いこだわりを持つ大将が勧めてくれたのはこの時期最も旬の素材として知られている北海道産の「海水ウニの握り」1296円。新鮮な素材を惜しみなく使った贅沢な1品で、口の中に広がるウニの旨みと甘みを存分に堪能できる。戸井産のマグロを使った握りなども外すことのできないメニュー。北海道の素材を使ったつまみやコースメニュー、単品料理、ランチメニューも充実。大将オススメの地酒とともに楽しんでみてはいかが?

 

2.シーズン中は北海道戸井産のマグロを連日入荷。脂がのったマグロの握りは大将イチオシ

3.しっとりと心安らぐ木の温もりを感じさせるカウンター席。個室は4人〜の利用

 
店名 すし屋の さい藤
住所 中央区南6西4 プラザ6・4ビル1F
TEL

011-513-2622

営業時間 11:00〜14:00、17:00〜23:00 (日曜・祝日〜22:00)
定休日 不定休
 
 

1.この季節には最もオススメしたいのがウニの握り。贅沢のひと言に尽きる

南6条の仲小路、まるで隠れ家かのようにひっそりとした佇まい。木の優しさに包まれた穏やかな時間が流れる空間で、誰よりも日本の四季を意識した大将が季節に合わせた新鮮素材を使った料理でおもてなし。旬の素材を使った長崎産「大トロの握り」(800円〜)はまさに今が旬で、しっかりと脂がのり、贅沢な味わいが口の中いっぱいに広がる。余市産の「ウニの軍艦」は口の中でとろける甘みがクセになる。札幌では珍しい「コハダの新子」も入荷したので、いまの時季にぜひご賞味を。旬の味を満喫できるこの店、ぜひ1度足を運んでみてはいかが?

 

2.新政酒造から発売されている「亜麻猫」など限定酒を入荷。日本酒好きにはたまらない

3.カウンター席と個室からなる落ち着いた空間。接待や会合などにもオススメ

 
店名 鮨しょう
住所 中央区南6西3 TAKARA6・3ビル2F
TEL

011-521-6363

営業時間 17:00〜23:00
定休日 日曜・祝日休
 
 

今月の特集

このページのTOPへ