居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト
HOME  > 2021年8月号の特集

ススキノの南6条西3丁目界隈で表通りから外れ、 路地を進むとそこは喧噪から離れた静かな場所。 風情豊かな店が幾重にも連なり、 ノスタルジックな光景が広がる。 数々の絶品グルメをディープな裏路地で満喫して。

 

新北海道スタイル 誰もが納得、満足するコスパに優れた焼鳥店

1 自慢の串焼きはもちろん、新鮮な刺身の盛合せなども楽しめる

串は1本165円〜、エビス生ビール込の飲み放題が90分1188円と、値段の安さが最大の魅力。丹精込めて丁寧に焼き上げられる自慢の串焼はもちろん、馬刺しにザンギ、生ラムのタタキなど豊富なメニューが揃っている。

WEBクーポン
60分飲み放題330円
他券併用不可・入店時提示・1人2品以上の料理注文・月〜木の18〜20時迄の利用・21年9月末日迄有効
 

2 大衆酒場の雰囲気たっぷりの店内は、全席喫煙が可能

3 路地裏ながらも存在感ある店構え。焼鳥の香りで食欲がそそられる

 
店名 やきとり 千両
住所 中央区南6西3 第1すすきのビル1F
TEL

011-562-3341

営業時間 18:00~5:00(日曜・祝日〜0:00)
定休日 無休

 
 

新北海道スタイル 2012、2017年ミシュラン北海道ひとつ星獲得店

1 和食器に盛りつけられた料理の味はもちろん、見た目にもこだわりを感じる

路地裏にひっそり佇む名店「貴水」。提供するのは店主自ら市場に赴き、厳選した旬の素材を使用した3種のおまかせコース。料理の内容は柔軟に対応してくれることもあり、多くの人から支持を集めている。日本酒の知識にも精通している店主がセレクトした季節限定酒や、田酒、飛露喜など銘酒を用意。高級指向の店なので接待や会合などで利用するには特にオススメしたい。

 

2 日本酒通の店主が季節を意識した限定酒などを中心に全国の銘酒を厳選

3 カウンター10席だがソーシャルディスタンスはしっかり保たれている

 
店名 和食 貴水
住所 中央区南6西3 おおたビル1F
TEL

011-532-8077

営業時間 18:00〜23:00
定休日 日曜日

 
 

新北海道スタイル 裏路地にたたずむ食通の隠れ家

1 丁寧に焼き上げた串焼きを味わうと進むビールはもう止まらない

店主が1本1本手打ちするこだわりの焼鳥や日替わり逸品メニューが美味しい通好みな店。素材そのものを活かした旬料理が多く、季節によって仕入れる食材が変るため、いつ訪れても目新しさがある。飲みなれた常連好みの地酒や自然派ワインなどアルコール類も充実し、各種宴会にオススメな飲み放題付きのコースも用意。“お1人様”、仲間同士少人数で利用しやすい。

 

2 少人数の飲み会に最適で、繁盛店らしくいつも活気に満ちている

3 休業日、営業時間が変更になる場合があるので詳しくは問い合わせを

 
店名 季節の新鮮食材 絶品串焼き 路地裏 炉端さわけん
住所 中央区南6西3 TAKARA6・3ビル1F
TEL

011-252-7304

営業時間 18:00〜0:00 (LO23:00)
定休日 日・月曜・祝日休

 
 

新北海道スタイル 北海道各地より直送の新鮮魚介や肉の串焼を堪能

1 「和牛とキノコのすき焼き」1人前2200円(2人〜)

道南産もつを使用した「もつ鍋」(味噌・黒・金・赤・白)1人前1400円や函館・戸井産「水ダコしゃぶしゃぶ」1人前1840円など鍋が自慢の居酒屋。オススメは「和牛とキノコのすき焼き」は秘伝の割り下とダシの絶妙な配合で、上質な黒毛和牛と厳選された野菜、キノコ、卵などこだわりの具材が堪能できる。同店は北海道中の新鮮な肉、魚介、野菜ほか地酒、本格焼酎も豊富に揃う。

 

2 札幌もつ鍋の名店「角座衛門」から受け継いだ直伝の味

3 完全個室、夏はテラス席も完備され、朝7:00まで営業

 
店名 函館ウェスタンキッチン すすきの店
住所 中央区南6西3 (東向き)
TEL

011-213-0160

営業時間 17:00〜翌7:00 (日曜・祝日〜0:00)
定休日 無休

 
 

新北海道スタイル 安くて旨いカキを味わうなら「5坪」

1 大ぶりで旨みたっぷりの厚岸産殻付カキは生、焼きなどで楽しめる

「5坪といえばカキ」と即答されるほどお馴染みの店。厚岸産カキ1個150円は身がふっくら、濃厚な甘みも特徴で食べごたえ抜群。なくなり次第売り切れとなるので早めの来店がオススメ。2019年春、仲小路の路地裏に移転。20席用意されたアットホームな店内で新鮮なカキとこだわりのクラフトビールが楽しめる繁盛店。

 

2 夏は屋外で生ビールと極上カキが楽しめる

3 営業時間などが変更になる場合があるので問い合わせを

 
店名 5坪 すすきの店
住所 中央区南6西3 BASE01ビル1F
TEL

011-551-7220

営業時間 18:00〜2:00 (営業時間変更の場合あり)
定休日 不定休

 
 

新北海道スタイル 生ビール、獺祭、二世古など30分500円飲み放題

1 八丁味噌仕立て「名物モツ煮」は8時間煮込んだホロホロのモツと大根が自慢

昭和レトロな雰囲気を醸し出す呑兵衛たちの聖地「ラスベガス」。30分500円の飲み放題には生ビールはもちろん、二世古や獺祭などの日本酒も含まれている。各種おつまみは380円〜。オススメは朝獲れ新鮮な魚介を市場から入荷し、その日のうちに使った「刺身3点盛り」980円や「名物モツ煮」500円。肩肘張らずに楽しめる大人の隠れ家なのでデートにはうってつけのスポットだ。

 

2 昭和歌謡がBGMの古き良き空間。まさに「大人の隠れ家」といった店

3 派手さのなかにレトロな優しさを感じさせる、裏路地でひと際目を引く外観

 
店名 呑む兵衛天国 大衆酒場 ラスベガス
住所 中央区南6西3 エイトビル1F
TEL

011-211-4775

営業時間 18:00〜4:00 (土・日曜・祝前日〜翌6:00)
定休日 不定休

 
 

新北海道スタイル 入荷当日に売り切れ必至の「羊レバー」は絶品

1 羊肉1頭分の赤身・霜降・稀少部位の食べ比べが楽しめる

道内21ヵ所にものぼる提携牧場から羊をまるごと1頭仕入することで稀少部位である羊のタンやホルモン、サガリ、レバーなどを提供。骨付きで仕入れるサフォークを様々な部位に切り分けて捌きたてを提供。羊肉を使った麻婆豆腐も大人気。農園直送の無農薬レモンを使用したサワーや80種類以上の北海道ワインと世界各国のワインにも注目。

 

2 羊のレバーは入荷即完売の“幻のメニュー”でぜひ試してもらいたい

3 カウンター席とテーブル席を用意。換気もよく喫煙OKなのがうれしい

 
店名 北海道産ひつじ肉炭火兜ひつじ×烤羊肉
住所 中央区南6西3 TAKARA6・3ビル1F
TEL

011-522-5323

営業時間 18:00〜0:00(日曜・祝日 17:00〜、LOはいずれも23:30)
定休日 無休

 
 

新北海道スタイル ススキノで長く愛され続ける老舗焼鳥店「梅田」

1 焼鳥はもちろん、看板メニューでもある自慢の牛タンも味わって

間口は狭くとも心は広い梅田店主と女将が迎える創業42年の「梅田」。同店の焼鳥は1つひとつのネタが大きくゆったり焼かれているためふっくら柔らかい口当たりが特徴。なかでも豚串のタレが人気。一見ソースかと思わせる濃厚で深い味わいの自家製タレがとにかく旨いわけだが、大将と女将の愛情で美味しさが増しているのはいうまでもない。

 

2 カウンター9席の奥に小上がり8席が完備。店内は全面喫煙可能

3 古き良き時代の面影を残しつつ、少しディープな雰囲気も魅力的

 
店名 焼とり 梅田
住所 中央区南6西3 第2桂和ビル1F
TEL

011-531-5004

営業時間 18:00〜23:30
定休日 日曜・祝日

 
 

新北海道スタイル ひとり飯、ちょい呑み大歓迎の隠れ家餃子店

1 定番の薄皮「ニンニク一口餃子」は10年来愛され続ける人気メニュー

「女性ひとりでも安心して入れる店」をテーマに定番餃子から変わりダネ餃子などを楽しめる1軒。ひとりご飯やちょい呑み客から10年来愛され続ける「ニンニク一口餃子」は柚子胡椒をのせポン酢で食べれば自然とお酒がすすんでしまう。他にもオリジナル水餃子や本格的手打ち蕎麦などメニューも満載。女性に大人気のオラクルカードもあるので興味のある人はぜひどうぞ。

 

2 季節限定の餃子も用意。いまの時期は「フキノトウ餃子」がオススメ

3 こぢんまりとした店内は人情味と温かさが感じられる

 
店名 TAKATAKA
住所 中央区南6西3 有馬ビル1F
TEL

011-512-3894

営業時間 18:00〜3:00
定休日 日曜・祝日

 
 

新北海道スタイル 路地裏にある人気上昇中のカフェ&バー

1 人気No.1「ベリーパフェ」はイチゴクリーム、ソフトクリームと相性抜群

イケメンのパティシエによる手づくりの本格スイーツを味わえる店。お酒を飲んだ後でも楽しめるようパフェは軽めのサッパリ系。特筆すべきは最新鋭の高級ソフトクリームマシン。品質も値段も他とはぜんぜん違う。たくさんのイチゴと自家製ベリーヨーグルトムースを使用した「ベリーパフェ」1230円、「コーヒーパフェ」1340円がオススメ。新作パフェも続々登場予定。

 

2 ウッド調で統一された落ち着きある店内はさまざまなシーンで利用可

3 ふらりと立ち寄りお酒と食事を楽しみ、最後にパフェもいかが?

 
店名 SWEETS CAFE and BAR ROJIURA CAFÉ (ロジウラカフェ)
住所 中央区南6西3 TAKARA6・3ビル1F
TEL

011-530-1237

営業時間 18:00〜1:00 (金・土曜・祝前日〜3:00、 日曜・祝日〜0:00)
定休日 無休

 
 

今月の特集

このページのTOPへ