居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト
HOME   >  2020年11月号の特集

あったかおでん・やきとり・炭焼き・おばんざい


 

この道11年の大島店主が迎えてくれる「志らく」の焼鳥は、全品1本1本丁寧な串打ちで仕込み、炭火で焼き上げる本格派。素材の魅力を最大限まで引き出す技術で、見た目も味も最高な状態で焼鳥を堪能できる。なかでも臭みがなく濃厚な味わいの「白レバー」や店主自慢の「つくね生ピーマン」がオススメ。串打ちや焼き上げの時にみせる店主の真面目な顔も然り、気さくで心地よい接客にファンが多いのも頷ける。店内はしっぽり1人でも楽しめるカウンター席のほか、小上がり席、半個室のテーブル席を完備している。Wi-Fi設置で全面喫煙可。

 

1 他店では味わえない希少な日本酒や焼酎を多数用意

2 真剣な眼差しで串と向き合う大島店主

 
店名 やきとり 志らく
住所 中央区南5西5 モモヤビル7F
TEL

011-521-1176

営業時間 18:00~2:30(LO2:00)
定休日 日曜・祝日
 
 
 

おばんざい料理店の「菜の花」は、趣きのある佇まいで“和”を感じさせるアットホームな雰囲気。味のある暖簾をくぐれば自家製燻製などの食材のよい香りが店内に広がっており、温かく迎えてくれる2人の女性がもてなしてくれる。自慢のおばんざいはすべて手づくり。おばんざいを提供する店では珍しく、飲み放題やコース料理も揃えているほか、メインとなるカウンター席は小上がり席と距離が十分にあるため、1人飲みも心地よく愉しめ、深夜3:00迄営業している。不定休なので来店の際は問い合わせするのがオススメ。店内は全席喫煙。

 

1 今ならクーポン利用で、女将のオススメ料理が1品無料になる

2 おばんざいによく合う全国各地から取り寄せた日本酒が自慢

 
店名 おばんざい 菜の花
住所 中央区南5西4 日劇ビル3F
TEL

011-596-7732

営業時間 18:00~3:00
定休日 不定休
 
 
 

店主が試行錯誤の末につくり上げた秘伝のタレを3回も付けて焼き上げることで、香ばしい仕上がりになる「すすきのかわ串」1本150円は、生ビールによく合う1番人気の串焼メニュー。このほか鶏料理は毎朝串打ちをして仕込む鳥モモ串150円、軟骨唐揚げ680円、手羽先の唐揚げ甘辛ソース580円、チキン南蛮720円などがある。また、厳選した北海道の地酒は19種類580円〜、120分飲み放題はグレードに合わせて2種類1280円と1580円(各税抜)を用意。2人から受付の120分宴会コースも多数あり。

 

1 特製塩ダレと鶏肉の相性が抜群の「せせりの塩だれ焼」680円(税抜)

2 特大のザンギが4個入ったお得なメニュー「北海道ザンギ」620円(税抜)

 
店名 北海道地酒とすすきのかわ串のお店 食べスタ酒場
住所 中央区南4西3 第32桂和ビルB1F
TEL

011-213-0001

営業時間 18:00~4:00(日曜日~0:00)
定休日 不定休
 
 
 

私服にエプロン姿の可愛い女の子たちが迎えてくれる同店は、真心を込めて作る美味しい手料理が毎日味わえると人気。今の季節にピッタリのあったかグルメの定番「おでんの盛合せ」800円(税抜)は、じっくり時間をかけた分、味がしっかりと染みていてお酒によく合う。リラックスできる心地よい空間で、おでんの優しさとカワイイ女の子たちの愛情で心も身体もポッカポカ。また、季節限定のメニューや宴会コース(料理7品)4000円〜も用意。日替わり料理や在籍している女の子の出勤状況はInstagramやTwitterの@hananosato0917をチェック。

 

1 温もりのある店内で「おかえりなさい。今日もおつかれさま」と温かく迎えてくれる

2 この季節にぜひ味わいたい限定の日本酒は料理同様に月替わりで楽しめる

 
店名 susukino izakaya hananosato はなのさと
住所 中央区南6西4 すすきのゼロ番地B1F
TEL

011-212-1633

営業時間 17:00~0:00
定休日 日曜・祝日
 
 
 

身体に優しい家庭料理と厳選された銘酒を楽しむことができるおばんざい屋「帰蝶」。9/9にオープンしたばかりのこの店は「家庭的でありながら、少しだけ粋な時間を楽しんでほしい」という女将の想いのもとつくられた大人のための空間。カウンターにズラリと並べられた大皿料理はどれも女将が真心こめてつくった自慢のメニュー。中でも「イカ大根と里芋の煮物」はザラメを使うことでコクの深みを追求した自信作。「カレイの煮つけ」は出せば必ず完売するという人気の1品。これらの料理によく合う日本酒や焼酎も豊富に用意されている。

 

1 田酒純米吟醸山廃や獺祭など話題の日本酒を豊富に用意

2 “ひとり酒”大歓迎。行きつけの店を探しているならぜひココへ

 
店名 おばんざい 帰蝶
住所 中央区南4西5 第4藤井ビル3F
TEL

011-219-1111

営業時間 17:00~23:30
定休日 日曜・祝日
 
 
 

北海道はもとより全国から旬の厳選した食材を仕入れ、素材を活かした四季折々の料理を提供する和食処「仁」。写真は比内地鶏を炭焼きにした「もも肉串焼き」480円。ほかにも比内地鶏を使った料理は、ダシの旨みの効いた「地鶏の出し巻き玉子」580円や、丸ごと1羽と香味野菜を10時間以上も煮込んでつくるパイタンスープの「水炊き鍋」2000円などを用意している。また、生ビール、ハイボール、焼酎、日本酒などが280円。プレミアム焼酎の佐藤600円や魔王980円、人気の地酒十一州620円、黒龍790円(各税抜)なども格安で提供中。

 

1 比内地鶏を程よく炙った「むね肉たたき」1200円(税抜)

2 「水炊き鍋」は塩と柚子胡椒で好みの味に。〆は雑炊かラーメン

 
店名 和食レストラン・BAR 仁
住所 中央区南3西6 インフィニ桂和22 8F
TEL

011-206-7977

営業時間 18:00~3:00(日曜・祝日~23:00)
定休日 第3日曜日
 
 
 

「世界遺産になった知床の斜里町をより多くの人に知ってもらいたい」。そんな想いのもとに誕生した「まりの店」。知床、斜里から直送される新鮮素材を使った海鮮料理や地元の人に親しまれている漁師飯など北海道料理のなかでも、よりコアな味覚を楽しむことができる。今回注目するメニューは、知床の海から直送されたホッケ焼き。炭火で丁寧に焼き上げることで良質な脂や旨みが落ちないように調理されている。いまならクーポン利用で「知床ドラフトビール」が通常1200円のところ800円で提供(3000円以上の飲食利用時)。

 

1 お酒にアテにピッタリな料理の数々。“ひとり呑み”にもオススメの1軒だ

2 斜里の町を心から愛する女将のまりこさん

 
店名 知床小さな居酒屋 まりの店
住所 中央区南4西3 第2Gビル7F
TEL

080-1666-5845

営業時間 17:30~ラスト
定休日 日曜・祝日(事前連絡で営業可)
 
 
 

旬の食材を使った日替わり料理と炭火の串焼きが評判の店。写真は左手前から「つくね」240円、「骨なし手羽先」250円、「心のこり(ハツ)」180円、「ぐるむき砂ずり」180円、「希少な白レバー」220円で、どの串焼きも外側はこんがり中はふっくらでジューシー。また、焼酎は佐藤560円や森伊蔵850円など人気銘柄を14種類、地酒は而今600円や田酒800円(各税抜)〜など全国から取り寄せた希少なものが常時26種類以上も揃っている。地酒は120mlで提供だが、お試しサイズの80mlとちょっと多めの180mlも用意。

 

1 炭火でじっくり焼き上げる人気の「鶏もも」1本240円(税抜)

2 2人〜受付の生ビール付120分飲み放題コースは3500円(税抜)〜

 
店名 串・酒 エムパーキング
住所 中央区南5西5 ソシアル桂和ビル 2F
TEL

011-513-0033

営業時間 18:00~2:00(日曜・祝日~0:00)
定休日 無休
 
 
 

女将のこだわりがみえるおでんは素材本来の味を楽しんでもらうため、関西風の味付けでアレンジ。さらなる高みを目指して日々追求し続け「今でも研究中なんです」と女将。そんな自慢のおでんダシは見ごとなまでに素材と調和しており、優しい味わいを醸し出している。1品料理は500円〜で、なかでも「ナスの南蛮味噌炒め」は女将自慢の味付けをしたナスに自家製の南蛮味噌を合わせて炒めた人気のメニュー。いまの時期ならサンマもオススメ。優しい家庭の味が恋しくなったらこの店でまったりとしたひと時を過ごしてみては?

 

1 自家製南蛮味噌とナスを合わせて炒めたオススメのメニュー

2 優しい味の家庭料理と女将の笑顔に癒される。ひとり呑みも大歓迎

 
店名 おでんとおばんざい ももん
住所 中央区南4西3 第3グリーンビルB1F
TEL

011-215-0833

営業時間 17:30~23:00
定休日 日曜・祝日
 
 
 

「おたる地鶏」は“幻の地鶏”と評され、一般的な地鶏の1.5倍以上、ふだん口にする鶏と比較すると約3倍の期間でじっくり飼育される。きめ細かな肉質で弾力が強く、臭みや雑味がまったくないのが特長で、その味わいはコクがとてもあり噛むほどに深い旨みがしみ出てくる。同店ではこのおたる地鶏をまるどりで仕入れて店内でさばき新鮮なまま提供。おつまみ焼肉として好みにあわせて少量から楽しむことができる。1人前980円(税抜)。煮込みジンギスカン鍋は宴会プランのほか、単品オーダーも可能。開陽亭すすきの各店で用意されている。

 

1 じっくり煮込んだ味付きラムが旨い煮込みジンギスカン鍋

2 「特大シマホッケ焼」1580円(税抜)など、北海道の肉と海鮮が味わえる

 
店名 函館開陽亭すすきの南6条本店
住所 中央区南6西4 ホワイトビルB1F
TEL

011-562-2999

営業時間 17:00〜1:00 (日曜・祝日〜23:30)
定休日 無休
 
 
 

この秋ススキノにオープンしたばかりのおばんざい「みかん」は、若くて美人の女将と元ホテルの料理人を務めていた女性店長が温かく迎えてくれる1軒。真心込めてつくられた日替わりおばんざいと厳選された銘酒、そして会話を楽しみながら癒しのひと時を過ごすことができる。その日仕入れた鮮魚を使った刺身や焼き魚などおばんざい屋では珍しいメニューも用意。リーズナブルな料金設定もポイントのひとつで「18:00まで来店の晩酌セット」1000円(税抜)は、おばんざい3品にドリンクが1杯付くオススメのメニュー。

 

1 話題の日本酒などを厳選し、週替わりで入荷している

2 「できたばかりのお店です。ぜひご利用ください」と女将

 
店名 おばんざい みかん
住所 中央区南5西4 すすきの寿ビル1F
TEL

011-206-4110

営業時間 17:00〜23:30
定休日 日曜・祝日
 
 

今月の特集

このページのTOPへ