居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト
HOME   >  今月の特集

特集:世界が認める北海道産の食材

ウニの黒毛和牛サーロイン巻き(1貫)
白老 積丹産
580円(税抜)
 
 

伝統を守りながらも、堅苦しさなどを感じさせないカジュアル割烹「八寸」。旬に応じたこだわりの道産食材をメインに、素材の旨みを最大限に引き出しているのが特長で、アイデアが光る料理の数々は想像を超える美味しさ。店内は新鮮な食材を料理人の調理工程を見ながら食事を愉しめるカウンター席のほか、落ち着いた雰囲気の掘りごたつ席も用意。肩肘張らずリーズナブルに“贅”を感じられる同店で、道産食材の美味しさを再確認してみては?

 

1 通しとして提供される「八寸(前菜盛り合わせ)」880円(税抜)。店名になぞり、名物となっている

2 生でも蒸しでも愉しめる「厚岸産牡蠣 まるえもん」300円(税抜)。身がプリプリで、口の中に広がる濃厚な味わいが特長

 
店名 カジュアル割烹 八寸
住所 中央区南4西3 N-PLACEビル2F
TEL

011-213-0688

営業時間 17:00〜1:00(LO 0:00)
定休日 不定休
 
 
イワシの梅巻き煮
小樽産
500円
 
 

“聞き上手で話し上手”な女将さんが切り盛りするおばんざい屋。単身赴任や出張で札幌に来ているなら絶対にオススメしたい温くて心のこもった家庭料理はどれも酒のあてに最高。どのメニューも1品500円〜というリーズナブルな価格も魅力で、なかでも「イワシの梅巻き煮」はこの時期最もオススメしたいメニュー。脂がのったイワシで梅肉を包むことによって優しい口当たりをかもしだし、家庭料理ならではの温かさを楽しませてくれる。

 

1 北海道産の日本酒も豊富に取り揃えている。出張で札幌にきた人はぜひ

2 女将さんの温かな人柄も魅力。なんでも気兼ねなく話せるところもこの店の人気の要因

 
店名 おばんざい屋 ○ まる
住所 中央区南6西4 プラザ6・4ビル1F
TEL

011-562-5566

営業時間 17:00〜23:00
定休日 日曜・祝日
 
 
活ツブ刺し
日高産
1,000円
 
 

道内産のタコを使った“たこしゃぶ”やカニをはじめとする海鮮料理の数々をリーズナブルに楽しめる「紅れや」。 新鮮な魚介類が連日入荷されるなか、オススメしたいのがこの時期旬を迎える「活ツブ刺し」1000円。日高から取り寄せた新鮮なツブはコリコリとした歯ごたえが特徴。しっかりとした旨みが口いっぱいに広がり、旬の恵をしっかりと感じることができる。特大縞ホッケはボリューム満点なので3〜4人でシェアして食べるのがオススメ。

 

1 宗谷沖で獲れた特大の縞ホッケ。入荷状況によって数に限りがあるので事前連絡を

2 連日入荷される数々の道産食材。この日は「いいホタテが入ってきました」と店長

 
店名 たこしゃぶ・牛タンしゃぶ 紅れや 札幌すすきの店
住所 中央区南4西2 TOMORUビル8F
TEL

011-207-6244

営業時間 17:00〜0:00
定休日 無休
 
 
浜焼きブルースセット
宗谷・白糠
厚岸産
活貝3個
580円(税抜)〜
 
 

道産の魚介類を使った刺身や水槽から取り出した活貝を素早く卓上コンロで焼くメニューが人気を集めている。宗谷のホタテ、白糠のオカツブ、落石のホッキ、厚岸のカキなど好きな貝を選んで焼くスタイル。そのまま素焼きで食べても旨いが、特製の薄口醤油ダレを少々入れて焼き上げると、磯の香りと醤油の焦げた香りがたまらない1品となる。これらの活貝は3個580円、5個880円、8個1380円と格安。すべて税抜。

 

1 必ず注文する常連客が多数、日本酒好きにはたまらない根室産「赤ホヤ刺し」499円(税抜)

2 季節により産地は変わるが1年中味わえる「活〆ホッケ刺し」680円(税抜)、今の時期は噴火湾産のものを使用

 
店名 魚ブルース
住所 中央区南5西4(北向き)
TEL

011-511-3265

営業時間 17:00~1:00(金・土曜・祝前日~3:00)
定休日 無休
 
 
旬肴5点盛り
厚田産
1人前1,580円
(写真は2人前)
 
 

道産食材にこだわる個性派店主とシェフのなっちゃんが営むアットホームな店。旬の海鮮素材を使った「旬肴5点盛り」1人前1580円(写真は2人前)は酢醤油で食べる厚田産のタコや1日寝かせたヒラメ、そしてなんといっても身だくさんの「殻つきウニ刺し」がとにかくスゴイ(殻つきウニは8月末日迄)。他にも「マメイカの醤油漬け」など酒のつまみにピッタリなものをセットとして提供してくれる。「なっちの畑サラダ」はここに来たからに絶対にオーダーしてほしい1品。

 

1 道産豚を使ったスペアリブも人気メニューで表面はカリカリ、中は柔らかな仕上がり2〜3人前のボリューム

2 絶対オススメ「なっちの畑サラダ」890円はオリジナルのドレッシングを使った自慢の1品

 
店名 旬肴、地場酒場 Simaくうま
住所 中央区南5西3 中銀三番館ビル2F
TEL

011-211-4387

営業時間 17:00〜2:00(金・土曜・祝前日〜翌5:00、 日曜・祝日〜23:00)
定休日 月曜日
 
 
牡蠣のガンガン蒸し (8個)
厚岸産
2,000円(税抜)
 
 

潮の流れが少し強い厚岸湾の端に位置する仙鳳趾では、水温が低いため1年中カキ漁が行われている。殻に対して身が大粒で引き締まっていて、濃厚でコクのある味わいが特徴だ。活きたカキを殻の付いたまま四角い缶の中に入れて蒸すこの店の名物「牡蠣のガンガン蒸し」は、旨みが凝縮されクリーミーでプリッとした食感、ほのかな塩味と磯の香りでついつい酒もすすんでしまう。大缶の12個入りは2990円、追加は1個250円(税抜)。

 

1 干物にすることによりコマイ独特の香りと旨みが一層引き立つ「根室産幻の干しコマイ」480円(税抜)

2 ふっくらプリプリの身とコクのある濃厚なミソが絶品の羅臼産「北海しまえび」699円(税抜)。ビールとの相性が抜群

 
店名 根室食堂 ススキノ店
住所 中央区南4西3 幸寿司ビル1F
TEL

011-521-1383

営業時間 17:00~翌5:00(日曜・祝日~1:00)
定休日 年中無休
 
 

今月の特集

このページのTOPへ