居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト
HOME   >  2020年5月号の特集

鳥料理特集

美味しい鶏料理を味わえるお店を紹介 どれも素材にこだわり、お酒にもぴったり
ぜひススキノでお楽しみください


写真左から
白レバー、のど軟骨、つくね、とり、はつ (白レバー250円、その他は220円)
(すべて税抜価格)
 

この道11年の大島店主が迎えてくれる「志らく」の焼鳥は、全品1本1本丁寧な串打ちで仕込み炭火で焼き上げる本格派。臭みがなく濃厚な味わいの「白レバー」や独特なコリコリ感がある「のど軟骨」などの希少部位も楽しめるのが自慢。鶏肉の魅力を最大限まで引き出す技術で、見た目も味も最高な状態で焼鳥を堪能できる。極限まで追求した品質で提供される「パーフェクト黒ラベル」や、季節に合わせて仕入れる希少な焼酎や酒とともに“一串入魂”で焼き上げた自慢の焼鳥を味わってほしい。

 

▲真剣な眼差しで串と向き合う姿、気さくで心地良い接客にファンも多い

▲大島店主がセレクトした焼酎や日本酒は他店では味わえないものも多数

 
店名 やきとり 志らく
住所 中央区南5西5 モモヤビル7F
TEL

011-521-1176

営業時間 18:00~2:30(LO2:00)
定休日 日曜・祝日
 
 
すすきの かわ串
1本150円(税抜)
 

店主が試行錯誤の末につくり上げた秘伝のタレを3回も付けて焼き上げることで、香ばしい仕上がりになる「すすきのかわ串」は、生ビールによく合う1番人気の串焼メニュー。このほか鶏料理は毎朝串打ちをして仕込む鳥モモ串150円、軟骨唐揚げ680円、手羽先の唐揚げ甘辛ソース580円、チキン南蛮720円などがある。また、厳選した北海道の地酒は19種類580円〜、120分飲み放題はグレードに合わせて2種類1280円と1580円(各税抜)を用意。2人から受付の120分宴会コースも多数あり。

 

▲特製塩ダレと鶏肉の相性が抜群の「せせりの塩だれ焼」680円(税抜)

▲特大のザンギが4個入ったお得なメニュー「北海道ザンギ」620円(税抜)

 
店名 北海道地酒とすすきのかわ串のお店 食べスタ酒場
住所 中央区南4西3 第32桂和ビルB1F
TEL

011-213-0001

営業時間 18:00~4:00(日曜日~0:00)
定休日 不定休
 
 
つくね
90円(税抜)
 

写真のつくね(タレ)は、鶏のモモ肉とムネ肉を1対1の割合で混ぜ、ニラをたっぷりと入れたグランドメニューにはない1品。味はタレと塩の2種類で、この手づくりの自家製つくねを1本90円という格安価格で提供している。鶏料理はこのほか手羽先串90円、鶏精串90円、鶏なんこつ唐揚げ390円、ザンギ490円(各税抜)を用意。同じメニューを、4月下旬オープン予定の「ハムカツ神社 南3条店」(中央区南3西2 ホテルリーネルすすきのB1F)でも味わうことができる。。

 

▲たっぷりの大根おろしとポン酢でいただく「鶏おろしポン酢」350円(税抜) 

▲デカビタサワー190円、ガリガリ君サワー190円、薄野ブラジャー200円(各税抜)

 
店名 ハムカツ神社 ススキノ店
住所 中央区南5西4 第2タカセビル1F
TEL

011-562-5433

営業時間 18:00~1:00(金・土曜・祝前日~2:00)
定休日 年中無休
 
 
写真左から
つくね 240円、骨なし手羽先 250円、心のこり(ハツ) 180円、ぐるむき砂ずり 180円 、希少な白レバー 220円
(すべて税抜価格)
 

旬の食材を使った日替わり料理と食材本来の味を活かした炭火の串焼きが評判の店「エムパーキング」。人気NO.1のメニューは、手を汚すことなく簡単に食べられる串焼きの「骨なし手羽先」、NO.2は「鶏もも」、NO.3は「希少な白レバー」。どの串焼きも外側はこんがり中はふっくらでジューシー。鶏の唐揚げは、抹茶塩でいただく「桜姫鶏のから揚げ」680円、タレで食べるのが旨い「肉付きヤゲン軟骨から揚げ」580円、スパイシーな「セセリの唐揚げ」580円(各税抜)を用意。

 

▲炭火でじっくり焼き上げる「鶏もも」1本240円(税抜)

▲希少な全国の地酒が常時26種類以上、80ml、120ml、180mlで用意

 
店名 串・酒 エムパーキング
住所 中央区南5西5 ソシアル桂和ビル 2F
TEL

011-513-0033

営業時間 18:00~2:00(日曜・祝日~0:00)
定休日 無休
 
 
おたる地鶏
980円(税抜)
 

「おたる地鶏」は“幻の地鶏”と評され、一般的な地鶏の1.5倍以上、ふだん口にする鶏と比較すると約3倍の期間でじっくり飼育される。きめ細かな肉質で弾力が強く、臭みや雑味がまったくないのが特長で、その味わいはコクがとてもあり噛むほどに深い旨みがしみ出てくる。同店ではこのおたる地鶏をまるどりで仕入れて店内でさばき新鮮なまま提供。おつまみ焼肉として好みにあわせて少量から楽しむことができる。開陽亭すすきの各店で用意されている。

 

▲道内でも味わえるところが少ない幻のおたる地鶏 

▲地酒や焼酎などの道産酒も豊富にそろう

 
店名 函館 開陽亭すすきの南6条本店
住所 中央区南6西4 ホワイトビルB1F
TEL

011-562-2999

営業時間 17:00~1:00(日曜・祝日~23:30)
定休日 無休
 
 

今月の特集

このページのTOPへ