居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト
HOME   >  2021年3月号の特集

地酒と料理

北海道の酒について

おばんざい 帰蝶

1 常連の大半がオーダーする「カレイの煮つけ」800円(税抜)

4 田酒純米吟醸山廃や獺祭など話題の日本酒を豊富に用意

2 “ひとり酒”大歓迎。小あがり席もある穴場的スポット

田酒 純米吟醸 秋田酒こまち

〈1杯〉 1,200円(税抜)

「秋田酒こまち」を使用した純米吟醸。リンゴやサクランボを合わせたようなフルーティーな香りが印象的で、みずみずしい口当たりのなかにも艶やかな旨みを感じさせるすっきりとしたのどごしが特徴。軽やかなでありながらしっかりと楽しめる人気の1杯。

3 女将の可愛らしい笑顔と美味しい酒でホッと一息

 

身体に優しい家庭料理と厳選された銘酒を楽しむことができるおばんざい処「帰蝶」。「家庭的でありながら、少しだけ粋な時間を楽しんでほしい」という女将の想いのもとつくられた大人のための空間。カウンターにずらりと並べられた大皿料理はどれも女将が真心こめてつくった自慢のメニュー。日本酒は十一州をはじめとする道産酒に加え、田酒や獺祭など人気銘柄を用意。季節に応じた酒や限定酒なども多数あり。真心こめてつくる家庭料理と厳選された日本酒、そして“女将の素敵な笑顔”という最高のもてなしを心から堪能してみてはいかが。

 
店名 おばんざい 帰蝶
住所 中央区南4西5 第4藤井ビル3F
TEL

011-219-1111

営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜・祝日
 
新北海道スタイル
 
和・ダイニング つくし

1 素干しのホタルイカ、シシャモ、エイヒレ600円

4 日本酒と旬の料理が付いた日替り晩酌セット1000円

2 ボタンエビ3尾1200円、ホタテ600円、アワビ1200円

春鹿 秘蔵酒 純米吟醸 生原酒

〈1合〉 780円(税抜)

純米吟醸酒をタンク内で500日の間熟成させた生酒。熟成しているので舌触りがなめらかで、口の中で米の旨みが広がる。辛口で味に深みがあり、喉越しと切れが良いのが特長。精米歩合60%、アルコール分17度、酒蔵は奈良市にある今西清兵衛商店。

3 掘りごたつの小上がり席、個室、カウンター席を用意

 

十一州、北の勝、国稀など北海道を代表する道産地酒のほか、新潟の笹祝、福井の黒龍、静岡の磯自慢など全国から取り寄せた銘酒が豊富に揃う。これら日本酒に合う旬の食材を使った料理も多数。オススメは、毛ガニ、アワビ、ボタンエビなど新鮮な魚介類と、ユッケ、赤身、ヒレなど色々な部位を用意した馬刺し730円〜。愛想のいい女将さんが醸し出す雰囲気と、大平店主の職人技が光る評判の店だ。また、ほとんどのメニューがテイクアウト可能で、シシャモ650円やホタルイカ550円の乾物と海鮮丼1580円が人気。価格はすべて税抜表示。

 
店名 和・ダイニング つくし
住所 中央区南5西4 日劇ビル3F
TEL

011-513-0294

営業時間 17:30~0:00
定休日 不定休
 
新北海道スタイル
 
やきとり 志らく

1 他店では味わえない珍しい地酒も多数用意

2 カウンター席のほか掘りごたつ、テーブル席を完備

4 真剣な眼差しで串と向き合う大島店主

2  全席喫煙可能でWi-fiも完備している

全品1本1本丁寧な串打ちで仕込み炭火で焼き上げる本格派の焼鳥屋「志らく」。臭みがなく濃厚な味わいの「白レバー」や口いっぱいに旨みが感じられる「つくね」、食べやすくした「手羽先」など1本の串に懸ける想いを感じられる。写真の「厚揚げ焼き」や「馬刺し」など1品料理も豊富に揃える。日本酒は大島店主が店の雰囲気と串に合うものを厳選しており、他店では味わえないものも多い。今イチ推しの「山形正宗」は、サッパリとキレのある辛口が特徴で、どんな料理にも相性が良いが、特に自慢の白レバーやハツといったクセのある串物と味わうのがオススメ。

山形正宗 辛口純米酒

〈1杯〉 700円(税抜)

どっしりとふくよかな定番純米の味そのままに、長期もろみによる味の幅とキレのある辛口のバランスが絶妙な「山形正宗」。飲んでわかるその酒質は全国の辛口党に愛されており、食事やお酒の進んだころ2、3杯目として選ぶのがオススメ

 
店名 やきとり 志らく
住所 中央区南5西5 モモヤビル7F
TEL

011-521-1176

営業時間 18:00~2:30(LO2:00)
定休日 日曜・祝日
 
新北海道スタイル
 
知床小さな居酒屋 まりの店

1 お酒のあてにピッタリな料理の数々。“ひとり呑み”にも最適

4 知床斜里の新鮮な味覚を心から堪能して

2 斜里の町を心から愛する女将のまりこさん

男山 鮭の酒 生酛純米

〈1本〉 9,000円(税抜)

旭川伝統の酒蔵「男山」とTOTTANのコラボ日本酒。酒造好適米を100%使用し、伝統的な手づくり醸造法である「生酛造り」で深みのある芳醇な辛口の仕上がり。米の旨みを感じさせる香りと温度帯によって変化する味わいが特徴。

3 10人入れば満席となる店だが、いつでも活気にあふれている

 

「世界遺産になった知床の斜里町をより多くの人に知ってもらいたい」。そんな想いのもとに誕生したこの店。10人入れば満席となってしまう小さな店ではあるが、知床、斜里から直送される新鮮素材を使った海鮮料理や地元の人に親しまれている漁師飯など北海道料理のなかでもよりコアな味覚を楽しむことができる。日本酒は金滴酒造の「知床の水」などを用意。現在イチオシである「鮭の酒」は男山酒造り資料館とウトロ地区限定商品というレアな1本。この機会に貴重な1杯をぜひ堪能してみてはいかが。

 
店名 知床小さな居酒屋 まりの店
住所 中央区南4西3 第2Gビル7F
TEL

080-1666-5845

営業時間 17:30~ラスト
定休日 日曜・祝日(事前連絡で営業可)
 
新北海道スタイル
 
海鮮居酒屋 ながおちゃんの店だょ!!

1 酒のアテにオススメは、いま最も旬である「数の子」

3 日本酒はどれも1杯500円という分かりやすい料金設定

4 活イカやウニも用意(季節や天候により仕入れ不可もあり)

2 炉端や水槽が設置された、シブさが光る人情居酒屋

北海道の旬の素材を使った極上料理の数々を堪能できる店。開業28年目を迎える人気の秘訣はマスターである “ながおちゃん”の人情味あふれる温かな接客と新鮮素材を使った美味しい料理が豊富に用意されているから。さまざまな漁港から水揚げされる海鮮素材を使った料理はこの店の真骨頂。いま最も旬である「数の子」は日本酒のアテにぴったり(炙りもあり)。程よい塩味とコリコリとした口当たりについつい酒もすすんでしまう。日本酒は道産酒や獺祭を含む人気酒など厳選のラインナップで1杯500円(税抜)というリーズナブルな価格。

山廃純米 雪の芽舎

〈1杯〉 500円(税抜)

自社培養酵母と米の磨きにこだわった、秋田県に酒蔵をおく齋彌酒造店の「雪の芽舎」は、精米歩合65%、飲み飽きしない酒質で適度な酸味が特徴。山廃仕込みならではの深い旨みとコシのある味わいが口いっぱいに広がる人気の酒。

 
店名 海鮮居酒屋 ながおちゃんの店だょ!!
住所 中央区南5西5 LC参番館3F
TEL

011-533-1114

営業時間 17:00~翌5:00(月曜・祝日~0:00)
定休日 不定休
 
新北海道スタイル
 
うまいものDining我流

1 「北海道産牛三角の炙り寿司」はテイクアウトも可能

4 カウンター席には透明なシールドを配置し対策も万全

2 数々の有名ホテルで長年修行したシェフがつくる料理は格別

辯天 純米大吟醸原酒 備前雄町

〈1杯〉 650円(税抜)

手造り少量生産にこだわり、昔ながらの製造を頑なに守る老舗酒蔵の後藤酒造店を代表する銘柄。酒本来の香りや味わいを楽しんでもらうため、しぼりたてのままアルコール度数を調整せずに造り上げた原酒。旨みがしっかりあり、飲みやすいとの評価。

3 我流特製ビーフシチュー1350円(税抜)

 

大人の隠れ家的な雰囲気を醸し出す店内で、数々の有名ホテルで30年修行した店主が手掛ける本格的な料理の数々が楽しめる1軒。日本酒にピッタリの大人気メニュー「北海道産牛三角の炙り寿司(3カン)」680円(税抜)は、牛1頭から少量しか取れない希少部位を使用し、霜降りがしっかり入った最高級品。ほど良い口当たりで脂はクセがなく、食べやすいのが特徴。要望があれば肉寿司の上にウニを乗せることも可能。目の前にオープンキッチンが広がるゆったりとしたカウンター席は“お1人様”の利用も大歓迎。

 
店名 うまいものDining我流 楽丸
住所 中央区南6西3 第2桂和ビル3F
TEL

011-596-9299

営業時間 17:00~1:00 (火曜日~0:00、事前予約で1:00以降の来店可、営業時間変更の場合あり)
定休日 水曜日
 
新北海道スタイル
 
おばんざい みかん

1 日本酒によく合う小料理を日替わりで用意

3 女性スタッフたちが温かい笑顔でお出迎え

4 話題の日本酒や限定酒など豊富に用意

2 仕事帰りにふらりと立ち寄ることができる憩いの空間

女性スタッフたちが温かく迎えてくれる癒しのおばんざい処。真心込めてつくられた日替わりおばんざいと厳選された銘酒、そして会話を楽しみながら癒しのひと時を楽しむことがきる。自慢の小料理と共に楽しむ日本酒は全国各地の銘酒と呼ばれるものを随時入荷。オススメは西堀酒造の「海底熟成酒 VOYAGE 愛米魅 I MY ME 金の純米酒」。古代米100%「赤米」「緑米」だけを使った日本初の純米酒で、紫外線の届かない海底に沈めることで、通常環境下より熟成が進み長期熟成させたかのようにまろやかでコクのある味わいになっている。

海底熟成酒 VOYAGE 愛米魅
I MY ME 金の純米酒

〈1杯〉 1,000円(税抜)

日本初の古代米100%を使った純米酒。酒造好適米を使わず「赤米」と「緑米」だけを使用しており、最もふさわしい酒造方法を見出すまでに10数年の月日を費やした至極の1品。ブラックベリー系の酸味と甘みのバランスがとれたワインのような味わいが特徴。

 
店名 おばんざい みかん
住所 中央区南5西4 すすきの寿ビル1F
TEL

011-206-4110

営業時間 17:00~23:30
定休日 日曜・祝日
 
新北海道スタイル
 
函館 開陽亭すすきのレストランプラザ3号店

1 「名物活イカおどり造り」1980円〜

4 「ズワイガニほぐし身のかにみそ添え」860円

2 大小個室完備で禁煙席・喫煙席完全分煙

上川大雪

〈1杯〉 650円(税抜)

奥ゆかしく清楚な含み香と、スーッとのどに流れるような心地よいキレ。しっかりとした量感と長い余韻を感じながら、つい盃を重ねたくなるサラリとした味わいで人気。北海道の米を使用した、北海道の地酒。

3 「浜ゆで毛がに姿盛」、「浜ゆで毛がにのむき身」各4680円〜

 

北海道の魚介を本気で思う存分堪能したいなら迷わず開陽亭へ。1番人気はなんといっても名物の「活イカ」。 店頭に設置された水槽でぐるぐる回遊する活きたヤリイカを注文が入ってから料理人が慣れた手つきで素早く捌く。透明でコリコリとした食感の身と皿の上でグニョグニョと動く新鮮なゲソ(脚)は、これぞ正真正銘の「おどり造り」。ゴロ(肝)も刺身で味わうことができるほど新鮮だ。シケで仕入れがない場合もあるので注意を。北海道の地酒も豊富に用意。問い合わせは気軽に開陽亭各店へ。表記の価格はすべて税抜。

 
店名 函館 開陽亭すすきのレストランプラザ3号店
住所 中央区南4西5 東急REIホテルレストランプラザ B1F
TEL

011-215-1441

営業時間 17:00~0:00(営業時間変更の場合あり)
定休日 不定休(休業日変更の場合あり)
 
新北海道スタイル
 
串・酒 エムパーキング

1 「肉付きヤゲン軟骨」220円、「鶏もも」1本240円(各税抜)

4 本日のオススメ料理のほか、地酒はもちろん本格焼酎も用意

2 而今特別純米620円、醸し人九平次800円(各税抜)など多数

十四代 本丸 秘伝玉返し

〈120ml〉 900円(税抜)

手ごろな価格で高品質の日本酒を提供したいという蔵元の思いから造られたこの酒は、甘みと辛みのバランスがよくまとまった清らかな果実酒のような味わい。特別本醸造酒、精米歩合55%、製造元は創業1615年の老舗山形県の高木酒造。

3 清潔な店内は、カウンター7席、テーブル14席

 

旬の食材を使った日替わり料理と串焼きが旨い店「エムパーキング」。食材本来の味を活かした炭火の串焼きは、どれも外側こんがり中ふっくらジューシーで、何本でも食べたくなってしまうと評判だ。カウンター奥に設置されたガラス張りの大型冷蔵庫には、而今600円や田酒800円(各税抜)〜など全国から取り寄せた希少な地酒が常時26種類以上も並べられている。地酒は120mlで提供だが、お試しサイズの80mlとちょっと多めの180mlもある。たくさんの種類を少しずつ飲み比べたい人はお試しサイズがオススメ。本格焼酎は14種類用意。

 
店名 串・酒 エムパーキング
住所 中央区南5西5 ソシアル桂和ビル 2F
TEL

011-513-0033

営業時間 18:00~2:00(日曜・祝日~0:00)
定休日 無休
 
新北海道スタイル
 
   

北海道の肉

男山 高砂酒造 合同酒精 国稀 上川大雪酒造 緑丘蔵 金滴酒造 碓氷勝三郎商店 福司酒造 上川大雪酒造 碧雲蔵 小林酒造 日本清酒 二世古酒造 田中酒造 箱館醸造

男山

銘柄:男山、生酛、北の稲穂、復古酒など

旭川市永山2条7丁目1-33
TEL.0166-48-1931
http://www.otokoyama.com/

高砂酒造

銘柄:国士無双、風のささやき、大雪、旭神威など

旭川市宮下通17
TEL.0166-23-2251
http://www.takasagoshuzo.com/

 

合同酒精

銘柄:大雪の蔵

旭川市南四条通20丁目1955番地
TEL.0166-31-4131
https://www.oenon.jp/

国稀酒造

銘柄:国稀、北酔、北じまん、暑寒美人など

増毛郡増毛町稲葉町1-17
TEL.0164-53-1050
http://www.kunimare.co.jp/

 

上川大雪酒造 緑丘蔵

銘柄:上川大雪

上川郡上川町旭町25番地1
TEL.01658-7-7388
http://kamikawa-taisetsu.co.jp

金滴酒造

銘柄:金滴、きたしずく、新十津川、瑞鳳など

樺戸郡新十津川町中央71-7
TEL.0125-76-2341
http://www.kinteki.co.jp/

 

碓氷勝三郎商店

銘柄:北の勝

根室市常盤町1-6
TEL.0153-23-2010
http://www.marimo.or.jp/~honda/cybermkt/mall/usui/

福司酒造

銘柄:福司、花華、拾八、海霧、海底力など

釧路市住吉2-13-23
TEL.0154-41-3100
http://www.fukutsukasa.jp/

 

上川大雪酒造 碧雲蔵

銘柄:十勝

帯広市稲田町西二線15番地1
TEL.0155-67-7648
https://tokachi-taisetsu.co.jp

小林酒造

銘柄:北の錦、まる田、北のろまん、雪心など

夕張郡栗山町錦3-109
TEL.0123-72-1001
http://www.kitanonishiki.com/

 

日本清酒

銘柄:千歳鶴、柴田、雪の舞、なまら超辛口など

札幌市中央区南3東5
TEL.011-221-7106
http://www.nipponseishu.co.jp/

二世古酒造

銘柄:二世古、京極、倶知安、蓮山など

虻田郡倶知安町旭47
TEL.0136-22-1040
http://www.nisekoshuzo.com/

 

田中酒造

銘柄:宝川、北の一星、亀甲蔵、搾など

小樽市色内3-2-5 TEL.0134-23-0390 http://www.tanakashuzo.com/

箱館醸蔵

銘柄:郷宝

亀田郡七飯町大中山1-2-3 TEL.0138-65-5599 http://gohhou.jp/

 

北海道の地酒は総じて端麗辛口といわれる。近ごろは濃厚で芳醇なものも見受けられるが淡麗で綺麗な味を追求してきたことから、すっきりした飲みやすさで美味しいと評価されている。  空気が透き通っており、四季の移り変わりがはっきりしていることなど、酒造りで求められる気候風土をしっかりと満たしている。 また旨い酒造りは、よい米造りからはじまるといわれている。いまや北海道は日本一の収穫量を誇る米どころ。質の向上はさることながら、酒造好適米も吟風、彗星、きたしずくといった優良な原料米が生産されている。条件的に酒造りに最も適した土地は北海道だ。



「清酒」とは

吟醸酒、純米酒、本醸造酒をいい、原料、製造方法などの違いによって吟醸酒、大吟醸酒、純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、特別純米酒、本醸造酒、特別本醸造酒の8種類に分類される。


原  酒:製成後、水を加えてアルコール分などを調整しない清酒。
生  酒:製成後、一切加熱処理をしない清酒。
生貯蔵酒:製成後、加熱処理をしないで貯蔵し、出荷の際に加熱処理した清酒。
樽  酒:木製の樽で貯蔵し、木香のついた清酒。
生 一 本:ひとつの製造場だけで醸造した純米酒。


「精米歩合」とは

白米のその玄米に対する重量の割合。精米歩合60%というときには、玄米の表層部を40%削り取る。米の胚芽や表層部には、たんぱく質、脂肪、灰分、ビタミンなどが多く含まれ、これらの成分は、清酒の製造に必要な成分だが、多過ぎると清酒の香りや味を悪くしてしまうので、米を清酒の原料として使うときは、精米によってこれらの成分を少なくした白米を使う。ちなみに、一般家庭で食べている米は、精米歩合92%程度の白米(玄米の表層部を8%程度削り取る)だが、清酒の原料とする米は、精米歩合75%以下の白米が多く用いられている。


「醸造アルコール」とは

でんぷん質や糖質から醸造されたアルコール。もろみにアルコールを適量添加すると、香りが高くスッキリした味になる。さらに、アルコールの添加には、清酒の香味を劣化させる乳酸菌(火落菌)の増殖を防止するという効果もある。吟醸酒や本醸造酒に使用できる醸造アルコールの量は、白米の重量の10%以下に制限されている。


「こうじ米」とは

米こうじ(白米にこうじ菌を繁殖させたもので、白米のでんぷんを糖化させることができるもの)の製造に使用する白米。清酒は、こうじ米の使用割合(白米の重量に対するこうじ米の重量の割合)が、15%以上のものに限られている。


「吟醸造り」とは

吟味して醸造することをいい、伝統的に、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいう。

特定名称 使用原料 精米歩合 こうじ米使用割合 香味等の要件
吟醸酒 米、米こうじ
醸造アルコール
60%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、 色沢が良好
大吟醸酒 米、米こうじ
醸造アルコール
50%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、 色沢が良好
純米酒 米、米こうじ 15%以上 香味、色沢が良好
純米吟醸酒 米、米こうじ 60%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、 色沢が良好
純米大吟醸酒 米、米こうじ 50%以下 15%以上 吟醸造り、固有の香味、 色沢が良好
特別純米酒 米、米こうじ 60%以下又は特別な 製造方法(要説明表示) 15%以上 香味、色沢が特に良好
本醸造酒 米、米こうじ
醸造アルコール
70%以下 15%以上 香味、色沢が良好
特別本醸造酒 米、米こうじ
醸造アルコール
60%以下又は特別な 製造方法(要説明表示) 15%以上 香味、色沢が特に良好
 

今月の特集

このページのTOPへ