HOME  > テツヤのどうしても気になる1軒

宵note ─ ヨイノヲト ─
ヒロ福地 特別インタビュー

長きにわたってキャスターを務めたあと、戻ってきた舞台はススキノだった

ススキノの飲食店を紹介するTVの新番組ということなので
ススキノとお酒、そして「ヨイノヲト」についてきいてみた

——ススキノにはよく来られますか?
ヒロ 自発的に1人で飲みにくることはほぼありません。付き合いや誘われてくることはありますが、友人とか会社の同僚とか、先輩に呼ばれてとか仕事絡みが多いですね。また、歓送迎会とか、忘年会などで3月や12月あたりに集中して訪れる場合が多いです。それ以外はあまりないかな。

——どのようなお店に行かれますか?
ヒロ ご一緒するのが共演者だったり、プロ野球選手が多かったので、必然的に周囲を気にせず個室で気兼ねなく飲み食いできるようなところじゃないと行きづらいですね。カウンターで一般のお客さんと並んで飲む機会はなく、個室のあるところを探して予約する。だから結局はよく知っているお店を選ぶことになります。

——若いころは?
ヒロ 若いころはそりゃ行きましたよ。周りを気にすることがなければススキノで楽しく飲んでいたいといまも思っていますよ。ディスコ世代なんで(笑)、踊りはしなかったけれど、イベントで駆り出されたりということはよくありました。居酒屋でみんなでワーワー盛り上がったりということも特に20代のころは多かったです。

——ススキノについては?
ヒロ この前ビックリしたのは、朝の8時ごろススキノに来たんです。ゴルフに行くときです。というのは東京から来た知人の宿泊先がススキノだったので迎えに来ました。最近ススキノではホテルが増えてるんですね。その時、きっちりとしたスーツ姿のビジネスマンや観光客がたくさんいました。以前はその時間帯にそんな人だれもいなかった。朝まで飲んだくれてる酔っ払いがうろうろしてるくらい。そういうイメージがありましたがいまは違うんですね。

——長年続けてこられた番組が終わりましたが。
ヒロ 残念ではあるけれど、いつかは終わるもの。なかには2、3年ほどで終了するものもあるのに、それが16年も続けてこれた。欲をいえば20、30年続くのにこしたことがないんでしょうけど、そのタイミングがいまだったんだろうなと思います。TVを観てくださっていた人にいなくなったのが寂しいねとよくいわれるんですが意外にサバサバしています。負け惜しみにきこえるといやですが、この20年味わったことがない至福のひと時を過ごしています(笑)。

——その分、時間ができたってことですか?
ヒロ 時間はかなりできました。まず生活が変わりましたね。月曜日から金曜日までどうしようかなという感じです。でもおかげさまでいままでできなかったことを穴埋めしていくと、かえって時間がたりないくらいなんです。そんななかで日ごろ行けなかったところでお茶したり、いろんなところを旅したりと、それはすごく充実した日々をおくってます。TVでは中継先でさも自分が行ったかのように偉そうに話していたわりに、実際はよくわかってなかったんだなと痛感しました(笑)。

—ススキノに来られる機会もあるのでは?
ヒロ この機会に来ようと思います。これまでは土曜日までスケジュールがびっしりで、そうなると平日ススキノで飲むとなると次の日のことを考えたりしてやめておこうかなというのが多かったんです。いまだったら誘われても別に時間を気にしなくていい。でも気にしなくてよくなった反面、歳をとってしまったのであまり深くまで飲めなくなりました(笑)。3次会が普通だったのに、いまは一緒に飲む人たちも2次会までで、12時を過ぎると帰ろうかとなる。それは予想外でしたね(笑)。

 

「ヨイノヲト」について

——収録の感想は?
ヒロ 楽しくお話しさせていただきました。相手は接客業のプロですからカウンター越しに会話するのが得意にしてる人が多い。収録では周りに関係者がたくさんいるので最初は緊張していましたが、なれてくるといろいろと上手に話をしてくれました。

——見どころは?
ヒロ 大人が遊べる場所ってきっと少なくなってきてるはずです。そんななかで大人が楽しめるようないいお店を紹介したいと思います。美味しいものを紹介する番組は数多くあると思いますが、美味しさはもちろんのことお店の人、料理をつくっている人がどのような人となりなのかを知っていただくと、より安心して気軽にお店に来やすくなるのではと思います。忘年会や新年会で飲みに出掛ける機会が多い時期になっていますが、ススキノのどこへ行こうかとお悩みになってる人はご覧いただけたらと思います。

——本日はありがとうございました。

 

番組情報

宵note「ヨイノヲト」は毎週火曜日の深夜0:55から放送中です。


 

トピックス

このページのTOPへ