すきトピ

HOME   >  すきトピ

すきトピ

ノスタルジックな要素を現代の感覚で再構築
古き良き時代を彷彿させる大人の社交場

近ごろ、レコード、カセット、使い捨てカメラ、純喫茶が若者の間で流行り、コロナ禍では無印良品のメロンソーダが爆発的に売れて話題となった。ススキノでは内装を昭和の雰囲気にしたり、新しい設備をあえてレトロ風にしている酒場が人気を博している。  札幌昭和コンセプトバー「MIKADO」は、古き良き時代の大人の社交場のようなバー。同店に1歩足を踏み入れると、大人心をくすぐるノスタルジックな世界が広がり、まるで映画のワンシーンを切り取ったような妖艶な雰囲気。懐かしくもありながら新しい感性で、「ニューレトロとはこんな魅力があったのか」と、まざまざと実感させられる。「大切な人とゆっくり会話を楽しみながら、店内のインテリアやディスプレイからちょっとした刺激を感じ取ってもらえたらうれしい」と、長谷川駿店長は語る。  システムはショットチャージ1100円、ボトルチャージ2750円、ウイスキーボトル5500円〜、焼酎3300円〜、ビール880円、カラオケ無料。希望のドリンクや食事メニューの組み合わせなども気軽に相談に応じてくれる。  公式Instagram(https://www.instagram.com/mikado_bar_official/)でPV配信中。

店名 札幌昭和コンセプトバー MIKADO
住所 中央区南6西3 ニューオリンピアビル4F
TEL

011-206-1680

営業時間 20:00~3:00
定休日 無休
 
 

カウンター6席ほかボックス4席を完備、たった7坪で古き良き時代のススキノを再現

下町や大衆酒場で愛され続けたピンクの清涼飲料水「バイス」、焼酎をこれで割った「バイスサワー」が人気

昔懐かしい駄菓子を自由に選べるのが楽しい、初回バスケットに入る分無料でおかわりは300円

 
 
このページのTOPへ